ロフトのある部屋に住みたいと思ったことはありませんか?

今更だけど、ロフトのある部屋に住みたい

今更だけど、ロフトのある部屋に住みたい

ロフトのある部屋。その響きは、何かあこがれを誘うような独特なものがあります。そう、まるで子どものときに秘密基地を作ったことを思い出させるような…。それは、ロフトが単なる屋根裏の収納スペースというだけではなく、さまざまに活用できるポテンシャルを秘めているからではないでしょうか。


実際に、ロフトは使う人によって利用方法がまるで違っています。収納はもちろん、寝室に使う人、書斎代わりにする人、子どもの遊び場、思索にふける隠れ家…。


ロフトが産み出した文化もあります。ニューヨークのソーホーは芸術家の町として知られていますが、もともとはこの地域のロフトが、賃料が安い上に天井が高く窓も大きいので明るくアトリエにぴったりなため、芸術家やデザイナーが集まってきたことがきっかけでした。これはロフト文化と呼ばれています。


実際にはロフトが芸術を生み出すわけではありませんが、ロフトがあることで新たな可能性が開かれることもまた確かです。まだ何も置かれていないロフトがある部屋というのは、真っ白なカンバスのようなものです。どんな絵を描くは、あなた次第。ロフトへのあこがれというのは、結局そういう可能性へのあこがれなのではないでしょうか。


今更だけど、ロフトのある部屋に住みたい

ロフトのある部屋について

ロフトのある部屋にはどんな可能性があるのでしょうか?

ロフトのある部屋のメリット

ロフトのある部屋のメリットとは何でしょうか?

今更だけど、ロフトのある部屋に住みたいロフトのある部屋についてロフトのある部屋のメリットサイトマップ